ビリリティピルズで変貌を遂げる自信のあるペニス

ペニスのコンプレックス

短小というのは男性のとって大きな問題になると思います。
ペニスの大きさが自身の大きさにもなりかねないのはそれだけ気にしている人も多く、また女性からの印象もあるため当然であるとも言えます。

短小の基準というのは実際の所あまり明確でなかったりします。米国にはある程度の基準を持って指し示していますが、日本人と外国人では平均サイズも違うため比較対象として正しいものではないでしょう。またアジア系の国の男性のサイズは他国に対し小さいことも解っています。そのためか潜在的にペニスサイズが小さいと思い込んでいる男性が多いようです。

男性のペニスの話はデリケートな問題でもあり、性関係の話題はあまり話さない日本では気にしないと知識すら入ってこないことが多いです。また他人のものを見る機会というのは少なく、温泉や銭湯などの公衆浴場ぐらいしか場がないと思います。それなのに自分のサイズが小さいと思っている男性は非常に多く、3人に1人が自分は小さいと思っているという調査結果があります。それだけコンプレックスを抱きやすい悩みであり、多くの男性が気にしているものだというのがよく分かります。

日本人の平均サイズは勃起時で12~15cmほどと言われています。これも場所によって数値がまちまちで、正確な数値というのはあまり解っていないようですが、おおよそこれくらいのサイズであれば少なくとも小さいと悩むことはしなくてよいでしょう。ちなみに通常時のサイズは8cmほどと言われています。
実際に性行為の際には10cmあれば問題ないと言われています。これは女性の膣の長さが7~10cmであるため、その長さと同等かそれ以上であれば機能的にも問題なく、十分に女性を満足させてあげられるからです。むしろ大きすぎるペニスを好きではない女性も多く、大きさよりも硬さやテクニックを重視する女性の方が多いようです。ですので大きさのみにコンプレックスを抱くことはそこまで重要ではなく、もっと別のアプローチを考えてみるというのも十分有効な手段です。

平均サイズよりも小さくサイズアップを目指したいという方はトレーニングや食事、サプリメントなどで可能となっているので活用しましょう。トレーニングなどは時間がかかりますが費用などがいりませんし、サプリメントのようなものであれば短期的に高い効果を期待できます。多くの男性が悩みを共有した結果改善策も数多く、効果の高いものが考えられています。
ご自身の都合にあった方法を選び、確実な改善を目指してみてください。